介護職への志望動機はこう書こう!具体的な例文有り

履歴書に必ずある「志望動機」の欄。

採用担当者も必ず目を通す部分だけに、適当に済ませるわけにはいきませんよね。

では、介護職への就職を希望する場合は、どんな書き方をすれば良いのでしょか?

 

「志望動機」は何を記入すれば良い?

  • どうしてこの施設を選んだのか?
  • どうして介護職の仕事を希望するのか?
  • 今後どんな活躍ができるのか?

採用担当者はあなたの「やる気」を知りたがっています。

「この人は良い仕事をしてくれそうだ」と思ってもらうためには、「ここで働きたいんです」という気持ちをしっかりと書く必要があります。

まず、就職を希望する会社の経営理念や方針は必ずチェックしておきましょう。その上で、「こんな考え方に魅力を感じました」「共感しました」など、賛同する意思を持って働きたいと思っていることを伝えるようにします。

また、具体的に「こんな仕事がしたいです」と書くと「この人はうちの会社でどんな活躍ができるだろうか?」と想像してもらえるようになります。

 

「介護職のやりがい」は具体的に書こう

「どうして介護職の仕事を希望するのか?」という部分は、具体的なやりがいを挙げることが一番です。

 

未経験者の場合

  • 「何がきっかけで介護の仕事に興味を持ったか」
  • 「どんな気持ちで介護の仕事を始めたいか」

どんな仕事でも、興味を持ったきっかけはあると思います。

祖父母を在宅で介護したことがあったから、ボランティア活動で高齢者に触れる機会があったからなど、具体的なエピソードがあると説得力が出ますね。

また、未経験者の場合は「やる気」のアピールが大切です。

介護の仕事に興味を持ったエピソードを活かして、自分は介護職でこんな働きがしたいです、という気持ちを書きましょう。

 

経験者の場合

  • 「どうして転職しようと思ったのか」
  • 「介護職でどんなキャリアを積んできたか」

例えば現在同じ介護職だけどほかの会社への転職を希望する場合、「どうしてうちの会社を希望するのか」は重要です。

介護職の中でほかにやりたい仕事が見つかったから、新しく資格を取得したのでそれを活かしたいからなど、前向きな理由を書きましょう。

また、今まで介護職の中でどんなキャリアを積んできたか、それを今後どう活かしていくかも、大切なアピールになります。

 

こんな書き方ならOK!

未経験者の場合の例文

「以前、ボランティア活動で老人ホームを訪れる機会がありました。そこで高齢者の方々と触れ合い、お世話をする楽しみを知りました。人見知りしない性格を活かして、介護のお仕事でも積極的に皆さんと関わっていきたいと思います

「祖父母を在宅で介護していたことがあり、その時に介護の仕事に興味を持ちました。体力的に大変なこともありますが、「ありがとう」と喜んでもらえるのが本当に嬉しかったです。現在介護職員初任者研修を受けており、これからどんどん経験を積んでいきたいと思います

たとえ経験がなくても、やる気があれば採用されることが多いのが介護職です。

未経験でも自分の強みをアピールして、介護職で働きたい気持ちを伝えましょう。

もし勉強中の資格があれば、それも意欲を伝えるひとつになります。

 

経験者の場合の例文

「二年間訪問介護の仕事をしておりました。1対1の介護でしっかりとお世話ができるところにやりがいを感じていましたが、もっと多くの方と触れ合って介護の技術を磨きたいと思い、転職を決意しました」(訪問型の施設から入所型の施設へ転職を希望する場合)

「前職ではサービス提供責任者として、利用者さまが快適な日々を過ごせるようさまざまなご提案をさせていただきました。利用者さまだけでなく、そのご家族にも信頼される介護士を目指す中で、介護福祉士の資格を取得したいと思い、より現場での勉強ができる御社へ応募させていただきました」

経験者の場合は、前職で何をしていたか、それを今回の転職でどう活かしたいかをアピールします。

取得している資格があれば大きな武器になるので、積極的に伝えていきましょう。

 

異業種から介護職へ転職する場合の志望動機って?

異業種から介護職への転職では、介護職でなくても前職で培ったスキルをどう活かせるか、が重要になります。

「前職では飲食業で接客の仕事をしていました。いかに居心地良く過ごしてもらえるか、お客さまのために工夫をこらして仕事をすることが楽しく、売上にも貢献してきました。客観的にその場を見渡す力を活かして、介護のお仕事ではより一人ひとりと向き合ってお世話ができればいいなと思っています

など、違う仕事を経験したことで得たことなどをアピールしていくと良いでしょう。

 

こんなことは書いちゃダメ!

志望動機では、「以前の職場への不満」などネガティブな言葉を使うのは避けましょう。

  • 「人間関係に疲れてしまって・・・」
  • 「ブラック会社で残業代が出なくて・・・」
  • 「やりたい仕事じゃなかったので・・・」

など、後ろ向きな退職理由は採用担当者に良い印象を与えません。

また、「何でもやります」「とにかく頑張ります」のような具体性のない言葉も、やる気を疑われるので使わない方が良いでしょう。

意外と書いてしまいがちなのが、「御社の給与や待遇の面に魅力を感じ・・・」という言葉。

仕事の内容とは関係ない上に安定を求めているだけなのかと思われてしまうので、気をつけます。

 

履歴書を書けなくて困ったら?

中には、どうしても履歴書を書けなくて困ってしまう人や、面接のときの受け答えをできる自信がない人もいると思います。

そういうときは働くのを諦めてしまいたくなります。

でも、大丈夫。

下記のような転職サービスを使えば、履歴書の作成や面接のサポートまで受けることができるんです。

「履歴書を書くのが苦手なんだよね。。。」

という人はぜひ登録してみてください。

ミライユキャリア介護

 

まとめ

高齢者をマッサージする介護士のイラスト

志望動機は、履歴書でも面接のときでも非常に重要な部分です。

介護の仕事をやりたい、という気持ちがブレないように、自分の中でしっかり考えておくことが大切。ポジティブな気持ちで転職活動をしていることが伝わるように気をつけます。

介護職のどこに魅力を感じるのか、自分の言葉で説明できると一番良いですね。